世界平和の森づくり



バリ島の北東部に位置するバトゥール山は、標高1,717mの活火山。1917年と1926年の大噴火で、その裾野が壊滅状態になりました。最後の爆発から長い年月が経過しましたが、火災によって草原化したその地域の植生は、小さな雑草が映える程度までしか回復していませんでした。

この結果、バリ島住民の生活用水を供給しているバトゥール湖の水位が2mあまりも低下したために、州政府が水源涵養林の造成が必要と判断し、水源涵養林再生植林プロジェクトをスタートさせました。

プロジェクト概要
場 所 インドネシア共和国バリ州バンリ県キンタマーニ群ペネロカン地区
(海抜900~1000m)
面 積 植林必要総面積・・・2,075ヘクタール(628万坪)
第一フェーズ 80ヘクタール
樹 種 アンププ、センダンを中心とした郷土樹種
目 的 火災によって草原化した荒廃地(溶岩石に覆われた土地)にユーカリを始めとする郷土樹種を植林し、火山湖周辺地の水源涵養機能を回復する。
現地団体 Yayasan Bali Hijau Lestari (バリ森林保全協会)
代表 I Putu Gede Suwedia(元バリ州バドゥン県森林局長)
協 力 バリ州森林局、バンリ県森林局

火山爆発から81年経っても緑が復活しない現場に、2007年開始から2011年末までに地場の樹種を植林して、「水源涵養林」としての造成植林を54,800 本実施して約84,000 ㎡の「バリ島民の水がめ林」ができ、順調に回復しています。

1849年の火山爆発から159年経っても灌木や草本類も復活しない現場に、2007年に開始してから2017年1月末までに101,319本、地場の樹種を植林して「水源涵養林」の造成を実施しております。これまでの植林面積は約1,688,650㎡(東京ドーム約37個分)の森を順調に回復中。

2015年12月の植林地↓


このバツゥール山周辺地域が世界文化遺産・ジオパークに認定されて植林についても管轄官庁が州政府から中央政府の森林環境省に変更になって、一昨年から火山礫だけのエリアに変更されています。植物の生育には大変厳しい環境になっています。


「世界平和の森づくり」に参加する
A:1口=500円
インドネシア バリ島にて1本の植林10口以上参加頂いた方でご希望であれば、葉書サイズの参加証明書をお届けいたします。PayPal – オンラインでより安全・簡単にお支払い。

クレジット決済(PayPal)の方はこちら。
PayPal – オンラインでより安全・簡単にお支払い。
 


B:世界平和の森づくり
マンスリーサポーター。世界平和の森づくりに毎月1本持続的に参加していただく仕組みです。PayPal – オンラインでより安全・簡単にお支払い。

クレジット決済(PayPal)の方はこちら。
PayPal – オンラインでより安全・簡単にお支払い。
 


C:世界平和の森づくり・木製額付き
10本 手作り木製額入りA4サイズ証明書つき。バリ島の木材で作成した素敵な額入りのA4サイズの参加証明書(GPSデータ付き)をお届けいたします。※GPSデータ不要で、額入りの証書をご希望の場合は、お問合せ下さい。

クレジット決済(PayPal)の方はこちら。
PayPal – オンラインでより安全・簡単にお支払い。
 

 

銀行お振込みご希望の方

▼銀行振込をご希望の場合は以下の流れでお申し込み下さい▼

①「世界平和の森づくり」サポーター申し込みフォームより必要事項をご記入の上送信して下さい。
②お申込みをお受付次第、当協会より受付確認とお振込先のご連絡をメールにてさせて頂きます。
③申込み口数に応じた金額(1口=500~10,000円)を指定口座にご入金ください。
④ご入金が確認出来次第、ご希望の方にはお名前の記載された植林証明書をお届け致します。


■ 企業・団体のみなさまのCSR活動の一環として植林を承ります

商品の販売に応じて、販売促進、CSR活動として、何本からでもご参加いただけます。1000本以上ご参加頂きますと現地にご希望の看板(デザイン支給、現地製作実費ご負担願います)を建てることも出来ます。人類共通の願い・安全・安心・平和な社会建設につながる「世界平和の森づくり」にぜひともご参加いただきますようお願い申し上げます。

法人向け受託植林資料はこちら(PDFファイル)

世界平和の森づくり活動報告

11年目を迎えた「エコダン」という取り組み

日常生活でなくてはならない梱包資材=段ボ ...
続きを読む

モリンガ普及に力強い応援

森と大地の豆乳青汁が発売されています。 ...
続きを読む

世界平和の森づくりにオーストラリアの企業が参加

オーストラリアの会社が初参加 オーストラ ...
続きを読む

植林は社会に変化を起す!

人々の心身を元気づける植林の価値 植えら ...
続きを読む

東京フラワーさんがモリンガアンバサダーに!

東京フラワーさんが「モリンガアンバサダー ...
続きを読む

地球愛祭り2019に出展します

地球を愛しむ心 地球に暮らす生きもの全て ...
続きを読む

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


YAHOO!ネット基金

生命(いのち)の森づくりプロジェクト

今、世界中の森林が減少を続けています。なかでも、地球上の生物種の約半数が生息し、多種多様な生態系を育(はぐく)む熱帯雨林は危機的状況にあります。

NPO法人アジア植林友好協会では、インドネシア・カリマンタン島で、豊かな熱帯雨林の再生を目指し「生命(いのち)の森づくり」プロジェクトとして植林活動を進めています。皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。


国連環境計画(UNDP)の
植樹キャンペーンは2007年からは
小学生の活動に移譲され、子供の環境大使が
2020年までに10兆本の植樹をめざし活動しています。
私たちはこの活動を支援しています。

ページ上部へ戻る